子供の能力を遺伝子検査

可愛い我が子の能力や才能がとてつもなく気になる。

幸せになって欲しいから、しっかり子育てしたい。

なるべく将来に役立つ習い事を選ばせてあげたい。

子どもを大切に想う親の気持ちはいつの時代もみんな同じです。

毎日少しずつ成長していく我が子はかわいくてかわいくて仕方ないですが、子供が一体どんな才能や潜在能力を持っているかどうかは、いくら親でも想像がつきません。

お父さんに似て○○が得意になるかもね。
お母さんに似て○○がちょっと苦手かもな…(笑)
もしかしたらおじいちゃんみたいに○○になるかも!

なんて楽しい空想は延々とできますが、何一つ根拠がありません。

素直に両親に似た能力や才能を持っているかもしれないし、はたまた全く別のDNAを秘めているかもしれません。

もしかしたら、『本当に私たちの子供?!』と疑ってしまうレベルの“とんでもない才能の持ち主”かもしれません。

そんな子供の能力や才能を見逃したくない両親に、子供の能力を診断する遺伝子(DNA)検査が今、注目を集めています。

index

子供の遺伝子検査・DNA解析のメリット&デメリット

子どもの遺伝子(DNA)検査にはメリットとデメリットがあるので、しっかり把握しておきましょう。

子どもの遺伝子を検査するメリット

子どもの遺伝子を検査するメリット

子供の素質や才能を早い段階で把握できる

幼少時の環境は子供の将来に大きく影響を与えるため、“子どもの素質を見極めるのは早ければ早い方が有利”と言われています。

才能逓減(ていげん)ピラミッド

この才能逓減(ていげん)ピラミッドを見てわかる通り、子供の才能は成長とともに少しずつ絞られていくので、少しでも早いうちに遺伝子を検査しておく方が無限の可能性を診断することができます。(遺伝子検査は0歳から診断可能です)

将棋の藤井聡太さんや野球のイチロー選手などは幼い頃からその才能を伸ばせる環境にあったと言われています。

子供の特徴や傾向を知り、子育てがスムーズになる

子どもの能力や才能を知ることで、子どもへの理解度がグンと深まります。

「どうしていつも○○ができないの…?」「なんでこんなに○○なの…?」など、いつも子どもに感じていた疑問や違和感が遺伝子検査によってスッキリ解決したり、「わたしの子だからきっと○○なんだ…」という先入観や思い込みもなくなったりすることで、うまくいかなかった子育てが、とても楽になったといったケースもあります。

子どもも遺伝子検査は、“子どもだけでなく両親にとっても大きなプラス”になります。

子供に合った習い事が選びやすい

子供に合った習い事が選びやすい

みなさんは、自分が子どもの頃にしていた習い事って長続きしましたか?

多くの人は習い事に飽きたりして長続きせず、いくつか習い事を転々としたという経験を持っているかと思います。

これは子ども自身の興味や能力にマッチしていないことが原因で、長い間その習い事に通わせてもなかなか上達しません。

それにもかからず、子どもの習い事にかかる費用は高くなっているので(月の平均費用は14,700円(『学校外教育活動に関する調査2017』より)、意外と痛い出費となります。

遺伝子検査で子どもの適正を知ることで、子どもに向いている、あるいは子どもが楽しいと感じられる習い事が見つけやすくなるので、年間20万円弱の習い事費用がより有意義なものになります。

子どもの遺伝子を検査するデメリット

子供の興味も尊重することが大切

子供の興味も尊重することが大切

遺伝子検査によって、学習能力や身体能力、感性など様々な能力が解析されます。

この解析結果は子どものためにもちろん活用できますが、「○○の能力が優れていて、○○の能力が劣っているから、この子は絶対に○○には向いていない!○○をやらせてはダメだ!」と検査結果で全てを決めつけないようにしましょう。

検査結果は一つの指標です。

子どもの能力と子どもの好きなことがマッチすれば才能を爆発的に開花できるかもしれませんが、能力と興味が必ずしも一致するとは限りません。

子どもの能力の把握しつつ、子どもの興味や関心にもしっかり配慮して、子どもの成長を見守ることが大切です。

遺伝子の検査には費用がかかる

遺伝子(DNA)は検査用のキットなどを買えば自宅で簡単に調べることができるので、わざわざ病院などに行く必要がありません。

ただし、遺伝子検査キットは販売会社や内容によって差はありますが、数万~8万円程度は費用がかかります。

数千円~3万円の格安の検査キットもありますが、遺伝子検査は“これ以上ない究極の個人情報”なので、信頼性のある会社の検査キットを利用するようにしましょう。(価格重視で検査キットを選ぶと遺伝子情報を製薬会社に売られるなどのリスクがあります。検査機関は必ず日本国内の機関を選びましょう。)

子どもの遺伝子検査キットについて

子供用の遺伝子検査キットについての知っておきたい情報をまとめます。

【使い方】専用の綿棒を口の中に当てるだけ

使い方は専用の綿棒を口の中に当てるだけ

一般的な遺伝子検査キットの使い方は、申し込み後に届いた検査キットの中にある専用の綿棒を子供の口の中に当てて、細胞を採取するだけです。

あとはその綿棒を返送用の封筒に入れて送ればOKです。

【診断結果】検査結果は大体30~60日後に届く

検査キットの会社や種類にもよりますが、大体1~2カ月程度で検査結果が届きます。

【再検査】DNA採取に失敗しても無料で再検査可能

一般的にはDNAの採取に失敗した場合、無料で再検査してもらえます。

【対象年齢】0歳からでも検査が可能!

遺伝子(DNA)検査は特に年齢制限がないので、0歳から老人まで検査を受けることができます。

子どもの特性や潜在能力を知りたい場合は、より早いうちに検査しておくことが推奨されています。

【回数】一生に一度でOK!

生まれもった遺伝子は生涯同じなので、子どもの能力遺伝子検査は1人1回(一生に一度)だけでOKです。

子どもの遺伝子解析でわかる能力

子どもの遺伝子検査で判明する能力は検査機関によりますが、一般的に「学習能力」「身体能力」「感性」の3つの分野に分かれています。

子どもの遺伝子解析でわかる能力

子供の能力遺伝子検査キットのおすすめ

子どもの遺伝子検査キットはいくつか種類がありますが、「漢方生薬研究所(検査解析機関:DNAファクター)」の遺伝子検査キット(名称:ジェネティスト)が一番おすすめです。

価格は遺伝子検査キットの中では安い方ではありませんが、「診断結果の精確さ」、「医師監修アドバイス内容の充実度」、「国内の検査機関の信頼性」などの点が他の検査キットに比べて遥かに優れています。

漢方生薬研究所(DNAファクター)の遺伝子検査キット(ジェネティスト)の特徴

漢方生薬研究所DNAファクターの遺伝子検査キットジェネティストの特徴

専門知識がなくても解説がわかりやすい(医師監修のアドバイス付き)

いくら詳しく検査をしてくれたとしてもその結果が「遺伝子型:GG→判定:良」とだけ書かれていても一体どういうことなのかわかりませんよね。

漢方生薬研究所(検査解析機関:DNAファクター)の遺伝子検査キットは「遺伝子型:GG→意味記憶タイプ、この遺伝子型に当てはまる確率35%、この場合~のような特徴があり、おすすめの職業は~、おすすめのトレーニングは~、という結果になっています。」と医師の解説がわかりやすく具体的に書かれているので、専門知識がゼロの人でも簡単に理解することができます。

自分の子どもについて詳しく書かれた特別な雑誌のような感覚でついつい何度も繰り返し読んでしまいます。(約40~50ページくらいのカラーのレポートになっていて、公式サイトでレポートのサンプルが公開されています。)

もしもわからない点などがあれば医師へメール相談も可能になっています。

遺伝子の情報管理に徹底している

遺伝子の情報管理に徹底している

遺伝子という情報は個人情報の中でも極めて重要なものなので、適当な遺伝子検査キットを利用してしまうと、悪質な業者に個人情報が行き渡ってしまうリスクがあります。

漢方生薬研究所の検査解析機関であるDNAファクターは信頼性に重点を置いた日本国内の検査機関なので、情報が流出する心配がありません。

顧客の個人情報と検体(検査や解析に使用する細胞)が一致しないように暗号化していたり、遺伝子の検査に必要な項目以外には一切使用せず、検査後は破棄するなど遺伝子の情報管理に重点を置いて徹底しています。

遺伝子検査の精度は99.99%で業界トップ

遺伝子の解析方法は一般的な企業では「DNAチップ」や「タックマンプローブ法」などの間接的なシグナルで解析する手法をとっていますが、DNAファクターの解析方法は「ダイレクトシークエンス法」を採用しています。

DNAファクターの解析方法はダイレクトシークエンス法を採用

「ダイレクトシークエンス法」はその他の解析方法よりも、高度な技術と検査の時間とコストが必要になりますが、その分精度が99.99%と圧倒的に高くなっています。

せっかく子どもの遺伝子を検査したのに、間違った結果が送られてくると全く意味がない上に、誤った判断をしてしまうリスクがあるので、ほぼ100%の精度で解析できる「ダイレクトシークエンス法」を採用していることは漢方生薬研究所(DNAファクター)の検査キットの大きな魅力になっています。

テレビなどのメディアでも取り上げられている

漢方生薬研究所の遺伝子検査キットは、「NEWS ZERO」「とくダネ」「NHKスペシャル」など有名なテレビ番組やメディアで取り上げられています。

テレビなどのメディアでも取り上げられている

費用が気になる場合は特定の分野に特化した検査できる

子どもの遺伝子を検査する場合は、【学習能力】【身体能力】【感性】の全ての分野の能力を検査するのが理想的ですが、漢方生薬研究所の検査キット(ジェネティスト)は【学習能力】に特定したXタイプ(69,800円)と【感性(センス)】に特化したYタイプ(69,800円)もあります。

【学習能力】に特定したXタイプと【感性(センス)】に特化したYタイプを合わせたフルパッケージ版は124,600円(公式サイトのキャンペーン価格)になっています。

【子供の能力を遺伝子検査!隠れた才能や将来の可能性を診断するDNAキットまとめ

子供の能力を遺伝子検査隠れた才能

子どもの能力を遺伝子検査で知ることによって、子どもの知られざる才能を開花できる可能性があります。

また、子どもの特性を知ることによって、子どもへの接し方が理解できて子育てが楽になったという家庭もあります。

子どもの遺伝子検査は子どもだけでなく両親にとってもプラスになり得る検査なので、一度試してみる価値はあります。

ただし、検査結果の精度が低いものや、格安の怪しい会社の検査キットを使ってしまうと、間違った情報を与えられたり、個人情報流出のリスクがあるので、なるべく検査の精度が高く信頼できる会社の検査キットを使うようにしましょう。

子どもの能力や才能を知りたい場合は、なるべく幼いうちに検査しておくことが推奨されているので、子どもがどんどん大きくなってしまう前に試してみましょう!

おすすめの記事