鼻毛と男性ホルモン

ども。セータです。

どんなにスマートにキメている男性でも、鼻毛がひょっこり出ているだけで残念な印象になってしまいます。

かっこいい人やイケメンである人ほど情けなさのギャップで、女性はハンパなくガッカリしてしまいます。

今回は、鼻毛の太さ・長さ・生えるスピードを左右する要因や、おすすめの鼻毛の処理の仕方など鼻毛にまつわる豆知識をまるっと紹介します。

「最近、鼻毛が生えるのが早い気がする…」
「いつも思うけど鼻毛って異様に太くないか…?」
「鼻毛を放っておいたらどれくらいの長さになるんだろう…」
「鼻毛って抜いても大丈夫なのかな…」

などなど気になる疑問も解決するので、鼻毛トラブルとは無縁な清潔感のある男性を目指していきましょう!

なぜ鼻毛は生えるのか?鼻毛の役割

そもそもなんで鼻毛なんて生えるの?という疑問がありますが、鼻毛にはとても重要な役割があります。

鼻毛は呼吸をするときに、空気中のホコリや塵、風邪の原因となるウイルスをふさふさの毛がフィルターとなってガードしてくれます。

鼻の中は鼻水の粘膜によって湿った状態を保っています。

鼻水の粘膜が空気中のホコリや塵などの異物をからめとって固まったものが鼻くそになるというワケです。

鼻くそは汚いものですが、それだけ異物が体内に入るのを防いでくれたという証拠でもあります。

冬に風邪やインフルエンザが流行る理由

冬になると風邪やインフルエンザが流行しますが、これは鼻の中が乾燥してしまうことが原因の一つになっています。

鼻の中が乾燥すると、鼻水の粘着力が弱まって、異物をからめとれなくなってしまい、体内にウイルスなどが侵入してしまうようになります。

その結果、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

鼻毛の太さ・長さ・生えるスピードが関係する要因

鼻毛の太さや長さ、生える速さには3つの要因が考えられるとされています。

1.男性ホルモンの影響

一般的に、鼻毛は女性よりも男性の方が伸びやすい、太くなりやすい傾向があります。

鼻毛が出ている女性はあまり見かけませんが、身だしなみに気をつかっている女性が多いということもありますが、もともと男性ほど鼻毛が早く伸びないことが大きな理由です。

鼻毛の成長には男性ホルモンが影響しているので、男性ホルモンが多く分泌される男性の方が鼻毛が太く、長く、早く生えるようになります。

2.加齢による毛の生え変わり周期の変化

年齢を重ねていく度に、鼻毛の成長は早くなると言われています。

鼻毛に限らず、全身の体毛は、一定の長さになると自然に抜け落ちて、また新たな毛が生えてくるようになっています。

しかし、加齢とともにこの抜け落ちるまでの時間が長くなったり、新たな毛が生えにくくなるので、毛が生え変わる周期が遅くなっていきます。

毛が生え変わりにくくなると、抜け落ちるまでの時間が長くなるので、鼻毛などの体毛が若い時よりも長くなっていくというワケです。

3.生活する環境の空気汚染

冒頭で鼻毛は空気中のホコリや塵、ウイルスなどの異物をガードするために生えていることを説明しました。

この鼻毛の機能は賢く、生活する環境によっても生え方に変化が生まれます。

ホコリや塵が舞う工事現場で日々働いている人や、全く掃除をせずに汚れた家で生活している人、交通量の多い幹線道路脇の家に住んでいる人などは、異物が鼻の中にたくさん入ってきます。

このような状況の人の鼻毛は、「できるだけたくさんの異物をガードしなければ…!」と頑張ろうとして、太くなったり、長くなったり、はたまた生えるスピードを速めたり、と変化するようになります。

このように、鼻毛は性別や年齢だけでなく、生活環境によっても状態が変わってきます。

鼻毛が太い、長い、生えるスピードが速い人の鼻毛の処理方法

鼻毛の処理方法は間違った方法と正しい方法があります。

絶対に間違った方法では処理しないようにしましょう。

間違った鼻毛の処理方法

鼻毛をピンセットで抜くのはNGです。

鼻毛を抜くと、鼻の中の皮膚までが引っ張られて浮き上がってしまいます。

鼻の内部は特にデリケートな場所になっているので、下手に皮膚を傷付けてしまうと雑菌が侵入して炎症を起こす場合もあります。

鼻毛を抜いて、鼻の中を傷めないようにしましょう。

また、医学的な根拠はありませんが、鼻毛を抜くと次に生えてくる鼻毛が太くなってしまうという説もあります。

正しい鼻毛の処理方法

鼻毛カッターで切る

簡単なのは、鼻毛カッターにより処理です。

鼻毛カッターは「抜く」のではなく、「切る」処理なので、鼻の内部の皮膚を傷めることもありません。

使い方も簡単で、鼻の出口付近ではみ出そうになっている毛にカッターを当てるだけで、痛みもなく一瞬でカットすることができます。

カッターといっても刃の部分は奥に仕込まれていて、毛のように細く長いものしかカッター部分に届かない仕組みになっているのでとても安全です。

脱毛サロンで丁寧に処理する

自力ではなく、脱毛サロンやクリニックで鼻毛をキレイに脱毛してもらうこともできます。

もちろん、ホコリや塵などの異物をガードするなど、必要な機能は損なわないレベルで、脱毛することができます。

自分で処理するよりも、専門家に処理して欲しいという人も結構いるので、鼻毛脱毛を行っている脱毛サロンやクリニックは年々増加しています。

鼻毛と男性ホルモンの関係性まとめ

鼻毛は空気中の異物の侵入を防いでくれる重要な役割があります。

その長さ・太さ・生えるスピードは男性ホルモン、年齢、生活環境などによって変わってくるので人それぞれに違いがあります。

一般的に鼻毛は鼻の外まで伸びてしまうので、放ったらかしにしておくと不潔に見られてしまいます。

ピンセットで抜いたりすると鼻の中の皮膚を傷めてしまうので、鼻毛カッターや脱毛サロンやクリニックで正しい処理をするようにしましょう。

おすすめの記事